« 日記のようなもの・・・下町ミニ散歩・上野公園 | トップページ | 日記のようなもの・・・ある美術展 »

2017年4月23日 (日)

左ひらめの右カレイ・・・第87作まこがれい

87
獰猛でおっかない顔のヒラメの方が、描くのに魅力があったのですが、ただ右向きにしたかっただけ。
かれいもひらめも幼魚の内は、普通に泳いでいて目も両側にあります。
思春期の頃?から、片方の目が移動して裏表がはっきりします。
海底に横たわり、こう描くしか方法がありません。871



ひらめは舌平目くらいであまり種類はありませんが、かれいは多くの種類がおり、マコガレイはその代表格です。
Photo
大変美味ですが、お刺身はひらめに比べて、やや淡白かも。
写真はヒラメの顔(つい先日撮影したもの)と制作途中、それに彩色完了で、白い斑点は無い個体もあります。

完成品はアルバムにアップしてあります。
よろしかったら、どうぞお立寄りを。
http://rusmina-2.cocolog-nifty.com/photos/pcsuisai/87.html

|

« 日記のようなもの・・・下町ミニ散歩・上野公園 | トップページ | 日記のようなもの・・・ある美術展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067818/70351582

この記事へのトラックバック一覧です: 左ひらめの右カレイ・・・第87作まこがれい:

« 日記のようなもの・・・下町ミニ散歩・上野公園 | トップページ | 日記のようなもの・・・ある美術展 »