« 深謝! 累計アクセス16万 | トップページ | ここは日本だよ・・・オスプレイ事故 »

2016年12月10日 (土)

エッセイ 「好きだったけど嫌いになった国」

Photo_2
韓国大統領弾劾の騒動は、まだ収まりそうもありません。
絶大な権力を有するのでしょうが、この国の大統領は暗殺されたり、汚職騒ぎがあったり、日本に逃げてきた人もありました。
この女性大統領の日本敵対政策の時は、日本の観光客が石を投げられたとか。

私は仕事で韓国人とも付き合いがありましたが、普段は卑屈なくらい従順ですが、扇動に染まり易く激したら手におえません。
当然重要な仕事は任せられませんでした。

韓国の今回の騒ぎが起きる前に、文章教室で発表した作品がありました。
こういうのを「むべなるかな」というのでしょうか。

*
*

               **********************************
               「好きだったけど嫌いになった国」   
 作品番号CZ-0309

 最初に韓国を訪れたのは、単身赴任を終えたインドネシアからの帰りだった。
 会社が用意してくれたチケットが、ジャカルタ発ソウル経由東京行のビジネスクラス。
それに宿泊はソウル・ハイアットホテル二泊。
 仕事はごく軽く、ある会社の訪問のみ。
 二年間ご苦労さまでしたの意味の、社長からのご褒美だったのだろうか。1991

 ソウル国際空港では社員が出迎えてくれて、初めての韓国は快適だった。
おのぼりさんの気分でソウルの一日を楽しんだが、辛いのさえ承知なら韓国は食べ物が美味い。
 ただ物価の安いジャカルタから来ると何かと高く、殆ど東京と変わらない。

 大阪単身赴任時代には、道楽で大阪から釜山迄フェリーで往復した。
韓国第二の都市で、美しい港町だ。
 船は日韓共同運航となっているが、船内は韓国一色で日本人は殆どいない。
正午に大阪南港を出港と同時に開店したレストランでは、免税で韓国ビールが安い。
 
 Photo_3全くの個人旅行であったが、つてがあってある若い韓国女性が街を案内してくれた。
整いすぎて東京と変わらないソウルより、ローカルカラーの豊富な釜山の方が、はるかに楽しみやすい。

 彼女の日本語はカタコトだが英語は達者、親しくなってビールを飲みながら彼女の言った言葉が、強く印象に残った。
 「韓国では日本語を学ぶ人が多くて、多分日本で韓国語を学ぶ人よりずっと多いと思いますよ」

 そんな韓国が嫌いになった原因は、あの女性大統領。
最近少しはトーンが落ちたようだが、彼女の日本攻撃はすさまじい。
日本にどんな恨みがあるのか知らないが、これで日韓関係が一気に冷え込んだのはご承知の通り。
 やきもきしたオバマ大統領のお膳立てで、安倍総理との日韓米会談が成立したが、朴大統領は安倍総理との握手でソッポを向いていた。

 私個人では嫌いになる理由は特にないのだが、ケンカ売ってくる相手を好きになれる訳がない。
マスコミの現在の韓国国内状況からすると、今個人旅行で韓国に行ったら、命の保障は難しいのではなかろうか。

 最近のネットの時事解説によると、韓国の日本敵対政策が失敗であったと認め、
大統領が大分おとなしくなったのは、挑発に乗らなかった安倍政権の外交勝利だというのだが。
  私は現役時代、韓国人ともずいぶん付きあったが、個人旅行ではもう行くこともあるまい。
  私個人の嫌いな国は、韓国とオーストラリアである。
                                       (了)
                                                                                           

 課題―2「好きな国・嫌いな国」1040字 2016.10.17

 写真は1991年釜山を訪れた時です。若かったー。

|

« 深謝! 累計アクセス16万 | トップページ | ここは日本だよ・・・オスプレイ事故 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

JA222さん
いつもご覧下さり、コメントを有難うございます。
本来でしたら本文に追補すべきでしょうが、あまり目立ちたくなかったのでコメントにしました。
ここまでご注目頂いて、嬉しいです。
チョッピリ&そーっとお知らせしますとね;-
この件は、エアロスパシアル(現エアバスヘリコプター)AS350Bヘリコプターのエンジンオーバーホールを、国内で初めてオーストラリアに発注した事に関するものです。
軍需を背景に寡占状態であった、言い換えれば業者の方が強かった、国内航空エンジンの修理を海外に活路を求めようとしたものです。
当然相当な抵抗がありました。
しかしオーストラリアの日本人観までは、予測できませんでした。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

投稿: 帆走子 | 2016年12月14日 (水) 11時03分

拝啓 12月も残り僅かとなりましたが、今年も楽しくHP拝見させていただき有難うございました。また、先のHP上での貴殿の「嫌いな国=オーストラリア」発言は誰もが?マーク状態でしたと思われますが、コメントを見て氷解致しました。人それぞれ色々と事情があるでしょうから。2017年も宜しくお願い致します。敬具 From JA222.

投稿: JA222 | 2016年12月13日 (火) 20時50分

本文の最後にこんな一文があります。
・・・私個人の嫌いな国は、韓国とオーストラリアである・・・
韓国はこの作品で良く判ったが、オーストラリアは何故?
文章教室でこの作品を発表した時、だいぶ聞かれました。
また私自身聞かれるだろうとは思っていました。
仕事の上で失敗ともいえる出来事があり、あまり思い出したくもありません。
その原因がオーストラリアであり、その根底には人種差別/人種偏見があるような気がしてなりません。

投稿: 帆走子 | 2016年12月10日 (土) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067818/68785614

この記事へのトラックバック一覧です: エッセイ 「好きだったけど嫌いになった国」:

« 深謝! 累計アクセス16万 | トップページ | ここは日本だよ・・・オスプレイ事故 »