« あの曲、あの人(1)・・・「グッドバイ」 | トップページ | あの曲、あの人(3)・・・「鈴懸の径」 »

2016年3月16日 (水)

あの曲、あの人(2)・・・「黄昏のビギン」

Photo故小松錬平氏、元朝日新聞論説委員でTV朝日ニュースキャスター、
私の文章の師である。

酒はあまり飲めないが、飲みに行くのは好きだった。
カラオケが大好きで、必ず出るのがこの曲。
ちあきなおみが物憂げに唄って大ヒットした。
渋い低音で、歌は巧かった。
「港町ブルース」を、男同士のデュエットなんてしたっけ。

先生によると、新聞社というところは酒のみの巣窟みたいなところで、
飲めないのは新聞記者として、大きなハンディだった、という。
ヒガミかもしれないけど、先生は男性に厳しく、女性に優しかった。
ずいぶんしごかれたが、今はとても役立っている。

写真はメンバーが開いた喜寿のお祝いの一場面。
わが女房殿に言わせると「紳士って小松先生のような方を言うのよねー」

*** この曲が聞きたかったら *** Yue Tube より
https://www.youtube.com/watch?v=YNfROQ0do2Q

|

« あの曲、あの人(1)・・・「グッドバイ」 | トップページ | あの曲、あの人(3)・・・「鈴懸の径」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの曲、あの人(2)・・・「黄昏のビギン」:

« あの曲、あの人(1)・・・「グッドバイ」 | トップページ | あの曲、あの人(3)・・・「鈴懸の径」 »