« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月29日 (木)

痛ましい防災ヘリコプターの事故

As365n 7月25日(日)に、埼玉県秩父市で発生した防災ヘリコプターの事故はあまりにも痛ましく、お亡くなりになられた方々のご冥福を祈ってやみません。

人命を救助するため、命がけで任務に就く防災航空隊のご苦労には、頭が下がるばかりです。同様に空飛ぶ初期治療室であるドクターヘリも、昼夜を問わず、毎回未知未経験の場外発着場に離着陸するのは、大変なご苦労のあることでしょう。

運輸安全委員会(旧航空鉄道事故調査委員会)の調査が進行中ですが、セットリング・ウイズ・パワーが発生した可能性がある、といわれています。
標高が高く(約5000ft)狭隘な谷間で救助作業中に、突然墜落する。そんなことがあり得るのでしょうか。

ヘリコプター特有の、事故に繋がりやすい現象にセットリング・ウイズ・パワーとテールローター・ストールがあります。
どちらもある特定の条件が重なると、突然ドカンと来るそうです。
セットリング・ウイズ・パワーはパワーセットリングとも呼び、自機の作るダウンウオッシュ(下降気流)にはまり込み、脱出しようとパワーを追加すればするほど沈下して、墜落に到る、というものです。
テールローター失速はホバリング又は低速飛行中、突然テールローターがその効力を失い、操縦不能になって墜落するものです。以前沖縄でNHKの取材ヘリコプターが、このテールローターストールで墜落、乗員4人全員死亡したことがありました。

テールローター失速についてはその後の研究が進み、特定条件の解明がなされてくるにつけ、事故発生は減少してきました。
パワーセットリングは「こういう状態になると起き易い」という程度しか、よく判っていません。
今回の秩父の事故では「こういう状態」に近い、極限の救助飛行だったのではないでしょうか。

標高の高い、狭隘な山岳地で起き易いなら、平地では発生しないかというと、必ずしもそうともいえないのがパワーセットリングの怖いところです。
事故機の機長は飛行時間5000時間以上だそうで、一般に飛行時間の短いヘリコプターではベテランといえるでしょう。
事故機のAS365N3ドーファン2という機種は、テールローターがフェネストロンという、ダクト中のファン状になっていて、一般的に失速は起きにくいと言われています。

写真は大阪市営舞洲へリポートを離陸するAS365Nドーファン2ヘリコプターです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月25日 (日)

暑中お見舞い申し上げます

梅雨明け10日と申しますが、マジメに暑いですね。
このところ何かと雑用が続いておりまして、多忙でした。2010

この暑い最中に昨日(7/24)大学の同窓会がありました。
卒業以来46年、同期80名の内物故者5名、その中の24名が、品川プリンスホテルに参集。10年ぶりによく集まったものです。
「このクソ暑い時に同窓会なんて、誰が考えたー!」
幹事はしきりに恐縮しておりました。

「男の顔は履歴書だ」といった奴がいましたが、まさしくその通りです。
ANAのキャプテンだった奴も、H-2Aロケットの開発に携わった奴も、航空関係でなかった奴も、みんな良い顔していました。
ただ、同窓会に出席できる人は恵まれた方です。健康にも経済的にも。

品川プリンスホテル39回の個室、VIPルームと言うにはいささか貧弱。
珍しくカンパリが置いてあり、カンパリソーダにしました。
ラムとカンパリはヨット乗りの酒です。
クラスメートのヨットマンはまだ現役で、船齢30年のフネに乗っているそうです。

    ******************************

今日埼玉県の防災ヘリコプターが、秩父で遭難救助中に墜落。
私の知人はいませんが、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

日記のようなもの

その1 心暖まるちょっといい話

昨日(7/16)の朝日朝刊、週刊首都圏にちょっといい話が載っていました。
東京都小笠原村には、絶滅危惧種の在来野鳥が多いのですが、これが野良猫に襲われ急激に数を減らしている。
本来小笠原には、ネコを初め肉食獣はいなかった。
ペットが捨てられ、又は逃げ出したものらしい。野良猫の数は推定300匹。
絶滅から守るためには、野ネコを駆除するしかない、との結論に達し、すでに140匹を捕獲した。残り推定150.
村の捕獲部隊のこの後がいい。
「鳥もネコも殺さない。捕獲したネコは、人に慣らして家猫として再生させる」のだそうだ。
捕獲済みの140匹の内、133匹はすでに新しい飼い主の元にいるという。
残りも全部同様にするそうだ。
何だか嬉しくなった。Photo

その2 お中元・・・大変ダァ!

新婚の甥っ子夫婦から、クール宅急便でお中元が届いた。
何とカップアイス36個の詰め合わせ。即冷凍庫に入れないと溶けちゃう。
ところが我が家の大型冷蔵庫の2つの冷凍庫は、女房殿の手造り冷凍品でギッシリ。
中には一昨年から鎮座しているものもあるらしい。
テンヤワンヤで整理したり、ご近所におすそ分けしたり。
そういえば我々も若い頃、日本酒しか飲まない仲人さんに、紅白の高級ワイン詰め合わせを贈ったっけ。

その3 スイカでピッ!・・・ゴチソウ様でした

スイカは駅の自動改札だけでなく、お店の支払いにも使えます。数はまだ少ないけど。
池袋のある寿司屋では、スイカも使えました。

女房「お会計してくれるんでしょ?アナタが誘ったんだから、ご馳走様でした」

私 「どう致しまして・・・ところでアナタのスイカ、ちょっと貸して」

女房「??」

私 「スイカでピッ! ゴチソウサマでした」

女房「???????!」

女房殿、後から残額ゼロに気がついたかどうか私は知らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

ハワイのアイランドホッピング・・・小型機で遊覧飛行

19860111980年代の中ごろ、ハワイ・ホノルル国際空港を拠点にレ1986007 インボー・エアーという、遊覧飛行の会社がありました。
社長さんは大西さんという日本人女性です。
かなり繁盛していたようですが、いつの間にかなくなりました。

ビーチクラフトD-18Sという、古いピストンエンジン双発の小 型機で定員は9名、スチュワーデスも乗っています。
1986008日本の航空大学でも、多発機訓練に使われたことのある名1986012機でした。
1986014
丸1日かけて、ハワイ島やマウイ島などに着陸観光して、ランチも付きます。
料金は確か200ドルだったと思いました。
その頃は1USD=¥200位だったでしょう。
飛行高度が低いので、遊覧には最適で楽しいツアーでした。

そのときの写真を見つけましたので、ご紹介しましょう。

写真 上右 機長は大手エアラインの現役キャプテン。
        小型機の方が自由に飛べて楽しいとか 

写真 右   飛行中ほんの少し操縦桿を持たせてもらいました。
        ハゲちょろけになった舵輪が年期を思わせますね。

写真 左   機内はこんな感じ、美人のスチュワーデスも乗っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

ととけん合格しました

2去る5月に受験した、お魚知識を検定する民間資格試験「ととけん」2級の合格通知が来ました。
1級はまだありません。

1時間で100問!というボリュームは、いくら四者択一とはいえ、全問解答するのが精一杯で、よく合格したものです。
全くのお遊びで、何の役にも立ちません。
合格通知と一緒に、試験問題の全文と解答も添えられていました。
来年は1級も出来るそうですが、もう受験はしません。

   ****************************

「一体どんな問題が出るの?」というお訊ねを頂きました。
1問だけご紹介しましょう。 (2010.07.13)
原文のままです。

問-13
イワシなどの小さな魚を重ねて干したもの、例えばメザシを数えるときの単位を選びなさい。

① 筋  ② 羽  ③ 連  ④ 折

解答 ③ 連
解説 干した魚やするめを数えるときに“連”を使う。
10枚束ねたものを“1連”という。
片口イワシを丸干しするにあたり、目に串を通したことから“目刺し”と呼ばれている。

これは最も短い問題文です。
100問を1時間で、というのは少々無理でしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

賞味期限まじかのホテル?

Photo 1年おきに訪れている、伊豆半島先端近く東海岸の今井浜東急リゾート。
今年は盛夏の前に行きました。2010
自然の景観も、海をモチーフにした雰囲気も素晴らしいのですが、何故か今回は満足感がイマイチでした。

ハイシーズン前のせいもあるのでしょうが、どうもサービス低下の印象です。それでも週末で、駐車場は満杯でした。

Photo_2 部屋に入ってまず目に付いたのが、ベランダの窓ガラスの汚れ。滞在中ついに清掃されませんでした。
部屋の暗証番号式のセーフティー・ボックスは、電源入らず使用不能。以前でしたら考えられません。

その他いろいろありましたが、不況で人員削減でもしたのでしょうかね。
一見以前と何も変わりませんが、何となく賞味期限まじか?の印象でした。Photo_3

余談ですが今井浜の手前、熱川温泉のロイヤルホテルと言えば、熱川を代表する名旅館でした。
ホテル・S.ロイヤルとなって、昨年行きましたがすっかり寂れて、今では見る影もありません。
名門にあぐらをかいて、努力を怠った結果でしょうか。

写真上 ベランダからの眺めとホテル全景
写真中 海を感じさせるオブジェ
写真下 水槽のきんちゃくダイ(幼魚)
      きんちゃくダイは幼魚と成魚では模様が全く替わります。
      これは変身中みたい・・・・次回水彩画作品はこれで行きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

0101 エッセイ 「テレビに出たらおよしなさい」

明日から伊豆東海岸の「今井浜東急リゾート」に出かけます。
ここはお気に入りのホテルの一つです。
駅に近いので、昼食は下田に行き街中の鮮魚料理店「なかがわ」にするつもり。
下田に行くと、食事はここにします。

少し以前のエッセイを見つけました。真鶴半島を日帰りで歩いたときのものです。
ある随筆講座の添削と称する講評にいわく
「ゴールデンウィークに出かける方が悪い」
そんなことを聞きたいために、学費を払って講座に入ってるんじゃない。
この講座は1期で止めました。

     *********************************
        「テレビに出たらおよしなさい」

 相変わらずテレビの旅番組が盛んですなー。毎日どこかの局でやってます。
そしてお決まりの名物料理と露天風呂。
ご婦人の入浴シーンが必ずあり、イジワルなマスコミからは「タレントも旅番組に出るようになったら落ち目」などと、あまり褒められてはいません。
まぁ見ていて他愛ないし、それなりの視聴率もあるようです。

 問題は名物料理とか、名店とかいうシロモノ。
 テレビのバラエティ番組などで紹介されているところはまず、あまり期待しないほうが、よろしいでしょう。
 いわゆる観光地では、特にいけません。名物にうまいものなし、というではありませんか。
“テレビに出た店”に行きたいなら別ですが。

 大体が高いし、高くても美味しければまだしも、高いだけで不味い、となると本当に腹が立ちます。
競争の激しい東京近郊は、まだお店の努力のようなものが見られますが、少し離れると老舗にあぐらをかいた、旧態依然のところが結構あります。
 当然ジリ貧になるわけで、そこへテレビ局が取材して宣伝してやる、と持ちかけるからお店のほうも舞い上がってしまって、現代の名店と錯覚してしまうのです。

 ゴールデンウィークに、どこも行かないのは恥?だから、鉄分と塩分の補給に、真鶴半Photo 島を歩きに行きました。
 湘南新宿ライン臨時特別快速熱海行はすごい込みようで、グリーン車でも新宿でやっと座れました。
池袋から真鶴まで約一時間半、女房殿とは別々の席です。

 シーサイドのウオーキングと、原生林の森林浴を楽しみ、遅い昼食を、と思ったがどこも満員。
 貴船神社のある中心地を外したら?という、女房殿の提案で駅方面へ歩き「あじで売る店」というコピーのついた、老舗らしい和食の食事処にしました。

 「あじ」は味なのか鯵なのかわかりませんが、鯵のお料理が多いメニューです。
ここも込んでいて、ウエイトレスは疲れた顔をして、注文しても返事もしません。
壁にはテレビ番組に登場した写真やら色紙やらがいっぱい。
 それにしても店内は、お世辞にもきれいとはいえません。
 凝った造りだったのでしょうが、出てきた料理の貧弱なこと、お値段の高いこと、Photo_2 待たせること、ダメの見本みたい。
二度と行きません。

 もちろん例外はあります。沼津港魚市場前の「いそはる」は、いわし料理の専門店ですが、テレビ番組によく出てきます。
態度のでかいのを除けば、味とお値段はお奨めです。
 ちょっと遠いのが難ですが。西伊豆に出かけると、必ず寄ります。
 それにしてもゴールデンウィークなぞ、出かけるものではありませんなー。
                 (了)
          2008.05.25
写真上 ガランとした魚市場に女が一人
写真下 真鶴港のヨットハーバー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

アルバム「往年の名旅客機たち」・・・羽田空港です。

古い写真が見つかりました。
1978年5月20日に成田空港が開港する以前の、羽田空港での一こまです。
何せ古い写真なので、汚れや処理の不備はご容赦のほどを。

私が初めて海外出張に出た頃で、出国は羽田空港でした。Ata_dc8482

Ata_dc8483 写真右は、着陸後タキシング中のダグラスDC-8です。

写真左は、離陸したダグラスDC-8で、JALの主力機でした。

Ata_dc8484 写真右は、シンガポールに向かうJALのダグラスDC-8-61
                 の第1、第2エンジンを見たところ

Ata_485
写真左は、着陸するノースウエストのボーイング707です。

Ata_486 写真右は、離陸するキャセイパシフィックのコンベア880で
       ダイナミックな飛び方が印象的でした。

Ata_487

写真左は、エプロンでのアリタリアのダグラスDC-8です。

この頃に比べると、今の旅客機はずいぶん静かになりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

日記のようなもの

その1 紅の豚

昨夜(7/2)日本テレビ9時の、宮崎駿アニメ「紅の豚」をご覧になりましたか?
私の最も好きな長編アニメーションです。
「隣のトトロ」「魔女の宅急便」…etcも良かったけど、私は断然これが一番。
最近の宮崎アニメは、ヘンに理屈っぽくなって楽しさが薄れたと思いませんか?

お話しは単純で、元イタリア空軍?の名飛行艇乗りが賞金稼ぎになって、空賊?退治をする・・・。
全体に大人の雰囲気が出ていて、とても丁寧に作られています。
“豚”が愛機の真っ赤な飛行艇のエンジンを始動するのに、ハンドクランクを回し、
スタータペダルをふんで「コンタクトッ」と」声をかけるところなんか、
ゾクゾクするほど嬉しくなります。
何でも宮崎監督自身も相当な飛行機マニアとか。

2時間枠にCM入りで押し込めるため、あちこちカットされていたのが残念。
名画はどこも削っちゃイケマセン。

その2 ホテルか別荘か

ご近所に、那須高原に別荘をお持ちの方がいます。
管理は管理会社に任せて、ご自身が使うときも宿泊料をお支払いになるとか。2008_0917
もちろん食事の面倒から、布団の上げ下げまで、全て自分でせねばなりません。

その人の考え方ですが、私は旅に出たら何ーんにもしたくありません。
わがまま出来るのは、旅先ぐらいのもの。
(家ではシイタゲられていますので?)

Photo 来週、伊豆東海岸の今井浜東急リゾートに夫婦で行きます。
夏の喧騒の始まる前に・・・イエ安い季節だから。
全室オーシャンビューの雰囲気の良いところで、大人のリゾートの趣です。
電車で行きます。車中でビール飲めるから。
写真は以前行ったときのものです。
演出が巧みで、いたるところに海を感じさせるオブジェがあります。
バーもトロピカルで大人のムードでしょ?Photo_2

その3 共稼ぎ夫婦の子育て

都内品川に住む娘夫婦は共稼ぎ。
9ヶ月になる女の子の孫が熱を出したとかで、女房殿が吹っ飛んでゆきました。
2泊した後、昨夜遅く帰ってきて「孫は可愛いけど疲れるー!」
子供手当ても結構ですが、子育て支援をもっと充実しないと、少子化対策にはなりませんよ。
ばあやをアテに出来る家庭ばかりとは、限りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »