2018年5月18日 (金)

第100号記念作品・・・ヌードの習作2

100
パソコン水彩画第100作を記念して、人物画に挑戦の2回目です。
初回は第50作で描きました。
いつもより3倍の時間と労力をかけた力作ですが、どうも冴えません。
もう少し愛嬌のある顔にしたくて、何度もやり直しました。
やはりここらあたりが、自分の画才の限界でしょうか。
人物画は本当に難しい。

写真は;-

彩色ステップ-1
:ここいら辺りでは、大傑作?の予感があったのですが。


                                    Photo
100_1
完成品背景なし
:無背景もまた良いものです。右側から光があたる構図。

第50作・ヌードの習作
:我ながら進歩が無いなぁ。



背景付の完成品は、例によってアルバムにアップしてあります。
よろしかったら、どうぞお立寄り下さい。

http://rusmina-2.cocolog-nifty.com/photos/pcsuisai/100.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

オスプレイに弟が誕生

Mv22何かと話題の多い、初の実用ティルトローター機V-22オスプレイに、
弟分ともいうべき一回り小型のV-280バァローが誕生した。
日本では、あまり報道されていない。

オスプレイが特に危険な航空機という事は無いのだが、事故が多いのもまた事実。
開発中又は運用初期には、メカニカルトラブルによる事故があったが、
実用開始後には乗員の不慣れに起因すると思われる事故もある。

V-22オスプレイ(ミサゴ=鷹の一種)は、完全武装兵士を最大24名を輸送できる輸送機型だが、
V-280バァロー(勇気)は兵士14名を輸送する。
V-280は正副操縦士のほか、2名の搭乗員を乗せ攻撃型もあるらしい。
昨年12月18日に、初飛行に成功した。

2801大きな違いは、オスプレイがローターをエンジンごとチルト(傾斜)させるのに対し、
V-280バァローはローターだけをチルトする。
どちらも巨大なプロップローターを、垂直から水平まで飛行中に動かすのだから、
非常に複雑なメカニズムだろう。
回転体を動かすと、慣性力により思いがけない方向に力が働く。
回転する扇風機を動かしてみればよい。

操縦が難しいであろうことは、容易に想像がつく。
上昇するにも増速するにも、パワーを増加するのに、飛行機ではスロットルレバーを押す。
ヘリコプターでは、ピッチレバーを引く。正反対の操作になる。
オスプレイでは、パワーアップはレバーを押すようだ。

FAA(アメリカ連邦航空局)はこのため、操縦士に対しパワードリフト・カテゴリーという、
新しい資格制度を設けている。
民間型オスプレイに対処したものだろう。

ヘリコプターの様に垂直離着陸ができ、ターボプロップ機の様な速度と航続距離を実現したティルトローター機は、
新時代の航空機と言えるだろう。

写真はいずれもネットから借用した。
V字型尾翼のものがV-280(ローターが垂直)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

フラリと海を見に行く

Photo大型連休にどこも出かけないのは、国民の義務に反する?ので、快晴の子供の日に湘南大磯の海岸へ、フラリと海を見に行きました。
どこも混んでいますがそこはテッちゃん、有名観光地には行きません。大磯はかつてヘリコプターでVIPを自宅に送迎しました。
湘南新宿ラインの特別快速で、池袋から1時間ちょっと。
大磯は止らないので、手前の平塚で乗換え。

Photo_2駅前のレンタサイクルは出払っていて、漁港の海岸までぶらぶらと歩きました。
観光地臭さはまるでなし。
ボケーッと海を眺めて、旬の湘南シラスが食べられるところと探しましたが、これもなし。

Photo_3帰りは戸塚で湘南新宿ライン特快に乗換え。
普通は横浜乗換えと思いますが、そこはテッちゃん、混んでる横浜を避けて戸塚が正解。
グリーン車は何とか平屋(階段前後の座席)に座れました。
テッちゃん愛好の半地下(2階建ての下)は満員。

写真は;-
・浜に揚った漁船のスクリュープロペラ
 プロペラは人工の曲線ではもっとも美しい。
・湘南シラス売店の看板
 生きの良さそうな生シラスもあったけど、持ち帰るのは ちょっと無理。
・海岸公園のしゃりんばいの花
 大阪舞洲ヘリポート勤務の時もいっぱいあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

こいのぼり

2毎朝元気に我が家の前を通る小学生が、「(今年は)こいのぼり、無いの?」と聞きます。
えっ?と思いましたが、思い当たりました。
毎年今頃2階のベランダに、小さなこいのぼりを付けていました。
見ていてくれたんですねー。
早速付けました。何か心楽しくなりました。
写真は愛艇ロスミナ-Ⅱのスターンに付けた、そのこいのぼりです。

こいのぼりの思い出をもう一つ。
1
現役最後のころ、スポンサーBMWの依頼で、
飛行船に特大のこいのぼりを吊り下げ、被災地の子供たちを激励に行きました。
特注は間に合わず、既製品最大は15mのものです。
キャビン開口部から上げ下ろしをしますが、担当するクルーは大変。
ある程度の錘を付けないと、巧く展開しないから。1_2

目を輝かせて見上げる子供達の姿は、良い思い出になりました。
写真は船内開口部から見た飛行中と、ツエッペリンNTに吊るされたこいのぼり。
特大のものではありましたが、何せ飛行船は全長75mもあるので―。 何やらクジラがイワシを吊るしているような。

この時のお話は以前にアップしてあります。
よろしかったら、どうぞお立寄り下さい。
http://rusmina-2.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/0063-5-44c2.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

何となく凡作・・・第99作テングハギ

99これと言ってどこが悪いというのではないのですが、どうも面白くない作品です。
お魚は非常に面白い顔をしていますが。
水族館ではよく見かけて、子供達には人気です。
テングハギは種類が多く、ツノの長いひめテングハギ、ツノの無い華麗な姿のミヤコテングハギなどもいます。
ミヤコテングハギは初期のころ、第30作で描きました。

2
グラデーションをかけた標準型?の背景を入れてみたのですが、そつなくまとまった感じで面白くありません。
その面白くない方を、お目にかけます。
実物写真は、ネットから借用しました。

5背景を凝ったものにした完成品は、例によってアルバムにアップしてあります。
よろしかったら、どうぞお立寄り下さい。
http://rusmina-2.cocolog-nifty.com/photos/pcsuisai/99.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

日本画・アフリカンドラムズ

2018
知人で和歌山県在住の女流日本画家、土長けい氏から入選しましたーと、美展の招待状を頂きました。
こりゃぁ行かずばなるめぇ;-
昨日(4月21日)快晴の上野公園は凄い人出。
東京都美術館へ、痛い脚を我慢して出かけました。

Photo
日本画臭くない日本画というか、独特の雰囲気を持っていて、注目されている若手です。
昨年は同じアフリカンドラムズ側面でしたが、今回は上から見下ろした構図が新鮮です。
今後さらなる活躍を期待しています。

2018_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

基地見学会・・・朝日航洋川越基地

S76d
4月6日(金)に、かつての勤め先である朝日航洋株式会社、川越基地の見学会がありました。
OB会の主催です。

日本最大のヘリコプター運航会社で、ジェネラルアビエーション最大手の同社は、
西武流通グループの基幹会社でありましたが、トヨタ自動車グループの一社となり、
資本金32億円、年間売上300億円、従業員1300名に成長しました。
平成初め事故多発で、マスコミに散々叩かれたものです。

As365n32
同社には航空運送事業部と、空間情報事業部があります。
1982年に西武グループの朝日ヘリコプター㈱と、
測量調査の東洋航空事業㈱が合併して、朝日航洋㈱となりました。

西武新宿線南大塚駅に隣接して、8階建ての空間事業本社ビルがあります。
屋上には沢山のソーラーパネルが設置してありました。
発生した電力の充電設備もあって、非常用電力に充てるそうです。

Aw1391川越市郊外にあるメンテナンスセンターは、
同社の航空機(ヘリコプター)整備事業の本拠地です。
全く久方ぶりに訪れましたが、立派なビルが建っていました。
自社機だけでなく、各自治体ヘリや他社機の整備も受注しています。

格納庫には、ピカピカの自治体ヘリ新品機がありました。
いずれも最新鋭機です。
写真は;-
山梨県防災ヘリ・シコルスキー S-76D(アメリカ製)
神奈川県警ヘリ・エアバスヘリコプターズ AS365N3(フランス製)
高知県消防ヘリ・レオナルド AW139(イタリア製)
近年、イタリア勢の進出は目を見張るものがあります。
私はこの機種の免許は持っていません。

見学の後は社員の人達と、バーベキューを楽しみました。
若い女性が多くなったのにはオドロキです。
それも事務職だけでなく、現場の整備員や操縦職も多いそうです。
国家資格を取得して、確認整備士の誕生も近いでしょう。
尾暮社長に話したら「戻ってきますか?」ですってー。

ヘリコプター・ジャパン誌の私の連載記事「ヘリコプター・エッセイ」の
今回は「ヘリコプターとVIP」と話しました。
私が現役中、あるVIP機の専属クルーを丸4年務めたと話たら、
氏は興味を示されました。雑誌をお送りしましょう。
同日見学者のお世話をして下さった美人は、社長秘書だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

たかが英語、されど英語

Photo4月からNHK-Eテレで始まった「おもてなしの基礎英語」
(月~木22:50~23:00)は、なかなか面白い。
1回わずか10分だが、全くの基礎ながら教えられるところが多い。
短いから負担にならない。

Can you speak English ?
Do you speak English ?
これがどう違うのか。

ネィティブとは思われない外国人に Can you・・・で聞くと、
場合によっては”上から目線”と取られて、
かなり失礼にあたるので、要注意という。

Can you pass me the solt ?
(その塩を取って頂けますか?)
これは Can でないと、英語にならないそうだ。
今までは習慣的に、あまり気にせずに使っていたが。

かつての同僚で、英会話は抜群に巧いのがいた。
あるときビジネスレターの返事を頼んだら、英作文はまるでダメ。
This is a pen. のレベル。

別の同僚で、30万円の英会話セットを買い込んで、張り切って始めたが
ボリュームに圧倒され、続かなかった奴がいた。
いくら高価な教材を買っても、やらなきゃダメ。

たかが英語、されど英語である。
写真はNHKの番組テキスト、月額税込¥540;-
継続は力なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

市財政を劇的に改善する秘策

   ***** 謹 告 *****

現在、当市の財政は危機的状況にあります。
この状況を打破するため、本日(平成30年4月1日)より、
市内全公共施設(駅、商業施設等を含む)のトイレを有料(大人子供同額)と致します。
料金は1回100円、ただし緊急度の高い人専用にプレミアムチケットを発行します。
料金は1回300円で、この券を有する人は行列の有無に関係なく、優先使用が出来ます。
市民の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

           平成30年4月1日
           ふじみの市長 鵜粗 八百

写真は本文と関係ありません。
バリ島で求めた油絵と第43作フエヤッコダイ

Photo
  *本日は巷ではエープリルフールとか申すそうですが、
    本告知は事実でアリマス。


         43

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

日記のやうなもの・・・あれやこれや

今夜はS氏夫妻と、2月の茨城県大洗へのドライブ旅行反省会?と称する飲み会。
2次会はまたカラオケ?


その1 腰部脊椎管狭窄症

3月26日 E病院整形外科のH医師で神経ブロック注射2回目。
これと内服薬で、脚の痛みは徐々に良くなるはずだと仰る。
最低3カ月は内服を続ける必要があるとか。
多少効果らしきものを感じることがあるが、まだ目立った進展はない。
信じるしかないか。


その2 自主運営文章教室

3月24日 今月の例会、初めて2作品を発表。
お題の季節の花、いつまで続くか判らないが今回は桜。
私の作品は「人間爆弾桜花」 少し重いお話。
もう一つは自由課題で「クジラを見に行く」
3月1日の日記を、エッセイ風に体裁を整えて参加。
写真は付けない。(エッセイに写真は邪道だという)


その3 パソコン水彩画

2010年から始めたお魚シリーズも、今回のツノダシが第98作となる。
毎月1作のゆっくりしたペース。
PC画を描く人は多いが、お魚ばかりというカバネヤミは、世界中で私だけだろう。

写真は;-

12010年2月の第1作、ナントカチョウチョウウオ
何もわからず描いてみた。小学生のお絵かき。


11_42010年12月の第11作、まとうだい
私の恋魚で、少しはまとまってきた。講座にも通った。

86_22017年3月の第86作、まとうだい
もう一度描いてみた。綺麗すぎて写真ぽくなってしまった。
整ってはいるが、面白味がない。









| | コメント (2) | トラックバック (0)

«愛らしい・・・第98作ツノダシ