2017年7月15日 (土)

日記のようなもの・・・下町ミニ散歩・柴又

7月7日七夕。歴史講座の後、フラリと柴又を訪れました。
品川始発の常磐線で、上野-東京ラインを通ってみたかっただけ。テッちゃんですなー。

その1 関ヶ原

2017

歴史講座「戦国史最前線・徳川家康編」4回目。
これとは別に特別講座「関ヶ原」4回が、7月20日から始まります。
現行の共立女子大教授に加え、防衛大教授が参加。
来月公開の劇場映画「関ヶ原」にちなんで、司馬遼太郎の歴史観にも触れるとか、こりゃ出ない訳に行くまい。
NHKも商売が巧い。



その2 寅さん

Photo柴又駅はJR常磐線金町駅から一つ目。
都内では珍しい単線。駅前にはフーテンの寅さんの銅像、向かいには妹さくらも。
参道は寅さんだらけ。帝釈天は予想以上の堂々とした社殿。
ベロタクシー?(自転車タクシー)がありました。Photo_2
\650;-となっていましたが、何㎞かは知りません。

参道途中に好みにあった居酒屋がありましたが、ここで飲んじゃうと、池袋まで電車3本乗らねばならないのでパス。
結局池袋のいつもの居酒屋によって、TJライナーで帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

フィットネスクラブわらわら

59近くのフィットネスクラブに通い始めて、もう10年目になります。
会費の安い(月額\8100;-)デイ会員(平日と祝日の17時まで)で、木曜定休なので週4日、午後2時間ほど汗を流します。
20分ほどのストレッチと、10種類くらいのマシンジム、20回の腹筋を含みます。
まぁ無理をしない程度に。
今週NHK-Eテレの「今日の健康・ひざの痛み解消」に出てくる運動は、すべて含まれているようです。

行くたびに血圧と体重は計測しています。
多少変動はありますが、血圧は127/71、体重61㎏、BMI=21.5くらい。
屋内温水プールもありますが、膝を冷やすのであまり使いません。
サウナもありますが、脳梗塞以来主治医からサウナはあまりお勧め出来ないと言われ、風呂もあまり入りません。

かつてはこの会員は、一種のステータスでした。
駅前に電鉄系の新しい施設が出来て、苦戦しているようで、新規会員を募集しています。
毎日のように新入者が来ますが、もし全部が続いていれば施設がパンクする筈で、長続きする人が少ないのでしょう。
ひざの痛みは相変わらずですが、わらわらのお蔭で、この程度で済んでいるのかも知れません。
わらわらはWaterWaterの略で、水は生命の源、のコンセプトからとか。
自慢するだけあって、確かに自家泉は良質の水で、ペットボトルで持ち帰ると、水割りが旨いんです。

写真はロビーにある私の作品、第59作「サバ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

パソコンのメンテナンス

Photo
私は毎月末、定期的にパソコンのお掃除をしています。
そのせいかトラブルはありません。

まずブログ記事の要点を、エクセルの一覧に入れます。入れたらページをフォルダに保管。
次にセキュリテイプログラムで全体をスキャンします。
私はプロバイダの有料プログラム・セキュリティ24を使っています。

スキャンが終わったら、外付けハードディスク(Fドライブ)に、バックアップ・フォルダをまとめてコピー。
コピーが終わったら、各ドライブ(C、D、F)をお掃除。
ディスク・クリーンナップ→エラー・チェック→デフラグ(ファイルの整理)。
ウインドウズその他のアップデートは、自動に設定してあります。

以上が終わったら、インターネット履歴を削除して再起動。これでオシマイ。
大体半日弱で終わります。
インターネット履歴を溜めすぎると、作動が遅くなります。

皆さんはいかがされていますか。
写真は富士通のキャラクター・タッチおじさん。
このキャラをご存知の方は、大ベテランです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

P-1の方が人気があるみたい

Anamrj6月25日、世界最大の航空機ビジネスの場であるパリエアショーが閉幕した。
残念ながらMRJの新規受注は、発表されなかった。
やはり5度にわたる、納期延期が響いているのだろう。
現在受注は427機であるが、合意直前の商談もいくつかあるらしい。
エアショーは、PR効果上絶好の発表の場であるがー。

海外から新着の雑誌やメールマガジンを見ると、MRJを称賛しつつも、開発遅れに対する厳しい論調が目につく。
P1そして好評なのは、海上自衛隊のP-1哨戒機。
フランスから是非にと乞われて出展したそうだが、仏大統領も視察に来たそうだ。
川崎重工製の4発ジェットで、エンジンもIHI製の国産。
全ての制御系統はフライ・バイ・ライト(光ファイバー)が使われている。
競合相手が少ないことから、商談がまとまるかも知れない。
*

今回は出展しなかったが、目下インドと商談中なのが、新明和製のUS-2救難飛行艇。
Us2ロシアやカナダ製の競争相手を、はるかに凌駕する高性能だが、何とも価格が高いのだそうだ。
しかし、波高3mの荒海でも海難救助できる機体は、世界にこれしかない。
欲しがられる訳だ。
インパキ(インドとパキスタン)という言葉がある位したたかなインドを相手に、商談がまとまればよいが。
*

写真はいずれもネットから借用した。
MRJ、P-1、US-2とそれぞれ、製造会社の面影が偲べて面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

歌舞伎役者・・・第89作ナメモンガラ

89
何とも愛嬌のある、派手でユーモラスな姿です。
顔の何本もの太い線や目のふちどりから、くま取りして大見得を切る歌舞伎役者を思い出しました。
この姿に会いたくて、先日は葛西臨海水族園まで足を延ばしたほどです。
何でこんなに入れ込むんでしょうねー。

7全身固いウロコに覆われているのですが、これを表現するのに苦労しまし20
た。
派手な色柄は、素直に描けばそれらしくは見えます。
親戚?の第20作モンガラカワハギはその代表です。
あまり進歩していませんかねー。
実物写真はネットから拝借しました、
891_3
完成品は例によってアルバムにアップしてあります。
よろしかったら、どうぞお立寄り下さい。
http://rusmina-2.cocolog-nifty.com/photos/pcsuisai/89.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

日記のようなもの・・・下水高圧洗浄

Anamrj3その1 MRJパリ到着

今朝のニュースによると、ANA塗装したMRJ3号機がパリのル・ブルージェ空港に到着したようです。
19日からの世界最大の航空機ビジネスの場パリ・エアーショ―で、受注拡大できると良いですね。

*

09_06102その2 下水高圧洗浄

我が家は3階で1階と2階にトイレ洗面所がある。
1階の洗面と風呂場の排水が悪くて、高圧洗浄をした。
チラシにこの地域のキャンペーンとかで、出張料不要とか。
1カ所につき¥3,000+税。
電話予約の対応や、当日やって来たイケメンのお兄ちゃんの説明から、信用できそうだと判断して、台所や外回りも含めて全部やってもらうことにした。
新築以来やっていない。
大分ヘドロがたまっていたらしい。丁寧な仕事ぶりで好感が持てた。
合計税込¥23760;- 高いのか安いのか知らない。
その後、女房殿が1階の洗面台の下が漏れる、というので再度連絡したら、今度は主任とやらと二人ですぐに飛んできた。
この部分の分解はしていないが、高圧をかけた為らしく、すぐに直った。
もちろん無料。
近所の口コミでは、よからぬ話も聞くが、丁寧な対応で良かった。

写真はネットからお借りしたMRJ3号機と、我が家の裏庭に今を盛りと咲くアジサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

零戦が飛んだ

0012

6月3,4日に千葉幕張で行われた、レッドブル・エアレースのエキジビションとして、復元された零戦22型が飛んだ。
日本人オーナーがロシアで復元して、日本の技術遺産を知ってもらうために、里帰りしたという。
飛行可能な零戦は世界に4機しかないそうだが、エンジンまで復元したのだろうか。
報道ではそこ迄は判らない。

言うまでもなく、大戦中日本を代表する艦上戦闘機で、和暦2600年に採用されたことから、末尾の0からとって零式と呼ばれた。
ゼロ戦はのちの呼び名だ。
大戦前半までは無敵と言われ、アメリカの軍司令官に「単機ではゼロと闘ってはならない」と命令させたほど。

数年前アメリカ人が所有する、飛行可能な零戦52型が日本に来たことがある。
反戦運動の影響で反対運動を恐れ、航空局の飛行許可が出なかったとかで、所沢の航空発祥記念館で屋内展示された。
写真はその時のもの。

若いころ仕事で、ゼロ戦乗り生き残りの二人のパイロットとご一緒したことがある。
いずれも故人で、上原定夫氏と小幡純氏。
オニのウエさんとホトケのジュンさんと言われ、まさしく好対照だったが、二人とも操縦は天才的に巧かった。
ヘリコプターがタービン化され始めたころで、タービンエンジンの学科教官は若い私がやった。
ちなみにゼロ戦52型の栄エンジンは1100馬力だが、タービンにすると同じ馬力なら重さは約半分になる。
関連する機体構造も軽量化できるから、その効果は計り知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

日記のようなもの・・・下町ミニ散歩・葛西臨海水族園

6

NHK文化センターのある都心青山から、東端の葛西臨海公園までは、東京都を半ば横断します。
散歩にしては遠いのですが、あるお魚に会いに行くためです。
閉園まじかで少々忙しかった。
*

その1 歴史講座

戦国史最前線「徳川家康編」の3回目、今回のテーマは家康の息子たち。
講師は共立女子大の堀教授。
パワーポイントを使って、あまりくだけ過ぎず面白い。
来週火曜日6月6日、NHK-Eテレ22時の「知恵泉」で、同じような内容をやる。
講師に教えてあげた。
*

その2 ナメモンガラ

Img_20170602_162234広大な葛西臨海公園は、東京ディズニーランドのある舞浜の一つ手前の駅で、ホームから葛西臨海水族園のドームが見える。
ショーなどは無いけど、広く立派で水産関係の研究所も兼ねており、内容は充実している。
他にも野鳥園や植物園もある。
クロマグロが原因不明で死んでニュースになったが、威信にかけて復活し、元気に泳いでいた。
今月描くお魚は「ナメモンガラ」、実物に会いに行った。
小笠原の亜熱帯水槽にいた。派手でユニークな顔つき。

Img20170603_09521112公営のこの水族館は入場料が700円と安く、さらにシニアは半額にしてくれる。
ただし閉館は17時、入場は16時までと早い。(水曜定休)

実物写真はスマホでは無理で、ネットから借用した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

本物の電気機関車を運転できます

Ef63

JR信越線横川駅前の碓氷峠鉄道文化むら、先日ある社の依頼で取材に行ってきました。
すでに何度か行っていますが、近年リニューアルされています。
長野新幹線開業に伴い、横川ー軽井沢間の碓氷峠が廃業され、その記念として開設されました。

大宮や名古屋、京都の鉄道博物館に比べればささやかなものですが、広大な敷地には多数の名車両が屋外展示されています。
実際に蒸気で走るミニSLもあります。
そして、おそらくここにしかない、電気機関車体験運転コースがあります。

Ef58かつて峠のシェルパとして活躍した、EF63電気機関車を実際の線路で、指導教官付で運転することが出来ます。
もちろん有料ですが、約500mのJR信越線の一部で約40分、往復運転ができます。(1回5000円・予約制)
ただし実際の運転に先立ち、学科講習を受けて検定に合格しないとなりません。
講習は有料で予約制です。

Ef63_2
運転実習は何回でも受けられ、技量検定の結果機関士見習、機関士補、本務機関士などに任命されます。
マニアの方も多いらしく、館内の名簿には多数の名前がありました。

長野自動車道松井田妙義ICから15分ほどの、国道18号線にあります。
ちなみに我が家からは片道105㎞、2時間弱でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

ブライトリングのDC-3

Dc3スイスの時計・精密機器メーカーであるブライトリング社が、古典機のダグラスDC-3で、ワールドツアー・キャンペーンをしています。
日本に立ち寄り、熊本、神戸、福島を訪れます。
キャンペーンの一環として、震災復興を応援しようということでしょうか。
残念ながら東京には寄らないようです。

1935年生まれ(私より年長!)のこの飛行機は、総計16000機以上も作られ、日本でもライセンス生産されました。
まだ世界中で多数が飛行可能だそうです。
古い飛行機をフライアブルに保つことは、費用だけでなく大変な苦労を伴います。
例えば消耗品であるタイヤ一つをとっても、同じ規格のものを入手するだけでも大変です。

Dc3_2DC-3は、当時の最新技術を駆使したわけではありません。
平凡ながらすべてにバランスが良く、丈夫で故障が少なく、信頼性の高いものでした。
速度が遅く足の短いDC-3で、世界一周するのは、関係者は大変なご苦労でしょう。
最新装備も追加されたでしょうが、自動操縦までありますかどうですか。
お気づきかも知れませんが、窓が四角いのは機内が与圧されていないためです。

私はインドネシア赴任中、機会があってこのDC-3を、しばらく操縦させてもらったことがあります。
素直な操縦性でしたが、ふわふわしていて、風に弱そうな感じでした。
ブライトリングはDC-3のほか、古典4発機のロッキード・スーパーコンステレーションも保有しているそうです。
航空に対する情熱というか、層の厚さを感じますね。

Dc3_3写真はホームページから借用しました。
コックピットは、円型の操縦桿はそのままですが、アナログ計器に交じって、ウエザーレーダーなども見られます。
ピッチレバー、スロットルレバー、ミクスチャーレバーなど、双発機でもこれですから、4発機となったらもう大変!でしょう。
現在では多発機でも、自動電子制御になっていますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«おでこ・・・第88作 テンス